光ファイバ

光ファイバを多数束ねて、光の伝達を目的としたものをライトガイドと呼んでいます。ライトガイド用光ファイバは、プラスチックファイバ、多成分ファイバ、石英ファイバがあります。耐熱性が必要ない場合はプラスチックファイバ、耐熱性が必要な場合は多成分を使用し、より低損失、広い波長域が必要な場合は、石英ファイバをお使いください。

真空用光ファイバ(NISSEI LICOM® フィードスルー)

特徴 [特性]
  • 真空側-大気側間の光情報の受け渡しが可能
  • 低アウトガス要求・耐熱要求の真空内作業に最適
[品質特徴]
  • 自社保有のヘリウムリークディテクタ装置によるリーク量(空気漏れ)の検証が可能
[構造特徴]
  • 紫外~可視光~赤外の波長に対応可能
  • 光ファイバも、単芯・複芯・分岐と顧客仕様へ対応可能
  • フランジは各形状に対応可能
用途
  • 膜厚の光学測定
  • 光学センサ用の窓材

UV照射装置用ライトガイド

特徴
  • 紫外線透過特性に優れた高純度石英ファイバを使用
  • UV照射装置専用の多分岐、各種形状等の製造可能
用途
  • ​UV硬化樹脂の硬化用
  • 画像処理用の照明

透過型ライトガイド、透過型多分岐ライトガイド

概要 ワークに光を透過させて分光測定する時に使用するファイバです。
複数のLEDを光源に用いるなどワークに透過させる光源が複数ある場合は多分岐で対応出来ます。
特徴 使用波長、検出必要光量、使用環境に応じてファイバ素線を選定、提案します。
ファイバ保護チューブは目的に応じてSUSフレキ管、PVCチューブ、シリコーンゴムチューブなどご提案します。
コネクタはSMA、FC等の他にカスタム形状も対応しています。
必要に応じて分岐ファイバのファイバ素線指定配列もご提案します。
用途 分光器、膜厚計、糖度計、その他分光技術を用いた各種装置形状、スペックなどご要望に応じご提案します。

反射型2分岐ライトガイド、反射型多分岐ライトガイド

概要 ワークにあてた光の反射成分を分析する場合に使用するファイバです。
複数のLEDを光源に使用した場合、分岐数も光源に応じて対応します。
特徴 使用波長、検出必要光量、使用環境に応じてファイバ素線を選定、提案します。
ファイバ保護チューブは目的に応じてSUSフレキ管、PCVチューブ、シリコーンゴムチューブなどご提案します。
コネクタはSMA、FC等の他にカスタム形状も対応しています。
必要に応じて分岐ファイバのファイバ素線指定配列もご提案します。
用途 分光器、膜厚計、糖度計、その他分光技術を用いた各種装置形状、スペックなどご要望に応じご提案します。

リジットタイプライトガイド(RLG,CR)

特徴
  • ​当社のリジッドライトガイドは、近紫外~近赤外まで高透過率の多成分系オプティカルガラスファイバを用いたリジッド型のライトガイドです。
  • 種類は、ファイバーアレイ型とクラッドロッド型があります。
  • 特に、ファイバアレイ型は、微細なオプティカルファイバを数百~数千本配列し、加熱融着し、有機系接着剤を一切使用せず加工しておりますので耐熱性及び耐薬品にも優れています。
  • ニーズに応じて、口金や保護外装を取り付けたり、漏れ光を吸収するガラス被覆をすることも可能です。
  • 高効率照射、高密度照射、狭い所の照明、危険箇所の照明が可能です。
用途
  • ​光重合樹脂硬化装置
  • 医療用、産業用各種照明装置
  • 画像検出センサ
  • ペンライト型照明装置
  • 液面制御装置
  • 光サイリスタ用ライトガイド
お客様のご要望に応じて設計・製造いたします。
お気軽にお問い合わせください。