環境方針宣言書

1. 基本理念

私たちの地球はかけがえのないものであり、その地球環境下において全ての生物が健康で持続的な活動を営み、かつ健全な状態を次世代に引き継いでいくために、私たちは環境に対する配慮を怠ることができない。

当社の事業活動、製品、サービスにおいても例外ではなく、恵まれた自然環境の中で事業を営む私たちは経営者も従業員も一体となり、協力会社にも呼びかけて、可能な範囲で環境保全に努めていくのが課せられたひとつの使命であると認識する。

そのために常に次のことを念頭において事業に取り組み、地球環境に融和し、地域住民や全ての利害関係者からの揺るぎない信頼を維持していくことを宣言する。
 
  1. 環境に関する法令・規制・協定を順守する
  2. 環境目的及び環境目標達成度合いの継続的向上に努める
  3. 資源の有効活用とそのための生産技術の改善を推進する
  4. 従業員全員の環境保全意識を高く保ち社会との共生を図る

2. 環境方針

当社は、
  • 絶縁電線及びケーブル
  • 押し出しチューブ
  • 押し出し成型品
  • 複写機及びプリンター用定着ロール及び定着ユニット
  • 電線加工品
  • ヒータ加工品
  • 光ファイバ及び光ファイバ加工品
  • 光源ボックス
  • ガラス編組チューブ
等を設計・製造・販売する会社として、社会に貢献するとともに、全ての事業活動の中で環境に与える主要な影響を継続的に改善することによって、緑豊かな地球環境に融和し、住民・顧客・従業員・その他の利害関係者から信頼される事業者であり続ける。
これを以下の原則を持って遂行する。

1. 環境目的・目標の設定

環境への影響を調査および評価し、主要な要因を効果的に低減または削減するため、技術的・経済的に可能な範囲で達成すべき環境目的および環境目標を定める。

2. 継続的な改善

TQCを主軸にして、品質と同時に環境計画を立案・実施したのち、成果を評価または見直して、さらには次なる改善目的および目標につなげるため継続的な改善を施す。この中には適切な汚染の予防活動を含める。

3. 法の遵守

国内外の環境に関する法規法令、顧客要求事項、その他の合意事項を順守する。

4. 教育訓練

従業員に必要な教育訓練を行い、環境保全意識が高く、なすべき行動がとれる人材に育成する。

5. 自然環境の保全と創造

工場内の緑化運動および5Sの促進を通じた美化運動を推進する。

6. 重点実施事項

次の項目については、積極的に推進する。
  1. 産廃物廃棄及びリサイクルの運用管理徹底
  2. 二酸化炭素排出量(電気・ガス・燃料)の節減
  3. 有害化学物質使用の削減及び有害化学物質管理体制の充実

7. コミュニケ-ション

基本理念および環境方針は、ISO14000掲示板及び環境ポスターにて、全従業員に周知するとともに、社内外にも開示し、求めに応じて一般の人も入手できるようにする。また主要な協力会社および原材料納入業者にも呼びかけて、当社の環境保全活動に理解を求める。
2015年12月1日
日星電気株式会社
代表取締役社長 奥村 秀生